保育士は可愛い赤ちゃんに囲まれて楽しい仕事です

保育士になるには道がいくつかあります

まずは1年から2年間、専門学校に通う方法です。もっとも堅実な方法であり実習もあるので知識も実戦力み身に付きますので一番お薦めしたい方法です。ちなみに卒業と同時に無条件で保育士資格が授与される学校がほとんどですので、比較的楽に取得することができます。次に教員養成系の短大や大学を卒業する方法です。もちろん入試がありますので専門学校よりもハードルは高いと言えるでしょう。次に飛び込みで国家試験を受ける方法です。一定の受験資格が必要ですが最も格安で最短で取得できる方法です。

保育士試験は簡単ではありません

誰もが国家試験を受けるのが近道だと思うでしょうが、これが意外にも難関試験なのです。決して難しくはない内容なのですが、とにかく範囲が広くて覚えなければいけない知識が山ほどありますし、筆記試験を合格した人には二次試験として実技が待ち受けています。独学で取得しようと思えば出来なくはないですが、かなり計画立てて準備をしたとしても1年はかかるでしょう。そんな訳で毎年、合格率は10%から高くて20%の狭き門です。

めでたく保育士の資格が取れたら

保育士の求人はたくさんあります。給料はやや低めですが、就職に困ることはないでしょう。注意しなければならないのは、平成27年度から新法律が施行され今後保育士になるには幼稚園教諭の資格とダブル取得が推奨されることになりました。現職の保育士さん達も幼稚園教諭資格の取得に奔走されている方が多いと思われます。とはいえ、今のところ保育士1本でも職業としては充分成り立ちますので、ステップアップをお考えの際は是非挑戦なさってみて下さい。

都市部を中心に待機児童が問題となっており、保育所や保育士の数が不足しており、特に保育士不足は深刻な状態となっている地域も少なく無い事から、保育士の求人は応募しやすくなっています。

© 2017: Its Mission